読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャパニーズゴリライフ

20代後半。ニート。生きることが目標。

アメリカ移住の方法

コラム コラムーアメリカ

アメリカ人と恋をして、アメリカ移住を試みている日本人は数多くいるでしょう。

どのような方法でアメリカへ渡り、彼/彼女と幸せに過ごすのが一番効率的か考えてみます。

目次

  1. アメリカへ旅行し、その期間中に結婚
  2. アメリカ人が日本へ長期間滞在後日本で結婚
  3. 抽選でグリーンカード獲得
  4. J1ビザで入国
  5. フィアンセビザ申請

 

1. アメリカへ旅行し、その期間中に結婚 

これは一番手っ取り早いように感じますが、多くの人がリスキーだといいます。

元々、アメリカのイミグレを通過する際に「今回の滞在目的は?」と聞かれ、「観光です。」と答えているのに、入国後速攻で結婚したら結婚後のグリーンカード申請時に影響が及ばないとも言い切れません。

 

そもそも、結婚目的で入国するならば、入国の時点で退職し、日本の居住地から撤去もしていることでしょう。

もし、入国時点でそこまで調べられ、結婚が目的とばれたら、「フィアンセビザを申請して来てください。」とイミグレの人に言われ、そのまま日本へとんぼ返りとなってしまいます。

既に仕事も退職し、家も売り払った後だと、とんぼ返りになったら大変なことですね。

 

アメリカは不法移民で溢れている国です。

適切な方法で入国しない人間をとても嫌います。

一度入国拒否されてしまうと、一生入国できないと言われているほど厳しい国です。

適切な方法で入国しましょう。

 

 

 

2. アメリカ人が日本へ長期間滞在後日本で結婚

アメリカ人が日本に住みたいタイプだったらこの方法で問題ないでしょう。

アメリカ人と日本人が日本で結婚する場合、ほぼ1日で手続きは完了するようです。

ただし、アメリカに移住したいとなった場合、結局日本人側がビザを持っておらず、フィアンセビザの申請しなおしとなります。

特に日本で生活する予定がない場合は、日本で先に結婚する必要はないようです。

 

 

 

3. 抽選でグリーンカード獲得

これは大いに挑戦する価値はあると思います。特に、「いつプロポーズされるかわからないし、待ってられない!」なんていう方は是非、挑戦してみてください。

30,000人が応募して約500名が当選しているようなので、絶対に当たらない抽選でもないようです。アメリカが大好き!でも永住の手段がない・・・なんていう方は是非応募してみるといいかもしれません。

 

 

 

4. J1ビザで入国

「働くから入国させてくれ」というやつですね。

ただ、働けばなんでもよいというものではありません。

医療系や技術職は比較的ビザがおりやすいようですが、観光業や一般的なセールスのみの経験しかない方は、3年程度の経験ではそう簡単にはビザは下りないようです。

こちらのビザで入国したいという方は、是非プロの斡旋会社に相談してみるのが良いかもしれません。

 

 

 

5. フィアンセビザ申請

人によっては半年で取得でき、人によっては1年かかるという、フィアンセビザの申請です。

妻としてではなく、フィアンセとして入国をさせてもらう許可をもらうのに1年もかかるんですね。

書類書類の山だそうで、カップルで喧嘩しながら進めていくものだそうです・・・。

入国してからも結婚⇒グリーンカード申請等多くのペーパーワークが待ち受けているそうですが、結婚したいアメリカ人がアメリカを離れない以上、これが一番リスクが低く適切なビザだと言えるでしょう。

 

当ブログは2016年フィアンセビザ申請のプロセスも実体験を含めながら紹介いたします。

 

 

 

 

hannahko.hatenablog.com

hannahko.hatenablog.com