読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャパニーズゴリライフ

20代後半。ニート。生きることが目標。

【遠距離恋愛】遠恋をする際に気を付ける3つのこと

コラム コラムー恋愛 コラムー遠距離恋愛

こんにちは。

 

 

 

ハワイ君が帰ってしまって、普通の遠距離に戻ってしまいました。

寂しくて頭がおかしくなりそうです。(笑)

 

 

 

 

最近私の周りでも遠距離恋愛をしている人が多いので、遠距離恋愛をする際に気を付けるべき最も重要な3つ、書いてみました。

 

 

遠距離恋愛をしている方、する予定の方は是非読んでください。

 

 

 

①周りのカップルと比べない。

A:渡航費は毎回、彼女が会いに来るときも「彼氏が出す」というカップル

B:渡航費は、渡航する本人が出すというカップル

それぞれいると思います。

しかし、カップルごとの経済状況は、決して均一に同じというわけではありません。

「みんなの彼は渡航費まで払ってくれてるのに、私の彼氏は一度も渡航費を払ってくれたことがないのに・・・」なんて思って喧嘩を始めないでください。

渡航費を払ってくれる彼が絶対いい!絶対!!!」っていうタイプの女性は、まじめに働いていて、お金持ちを捕まえればいいだけです。

 

 

 

 

カップルは、皆同じではないので、そのカップルの経済状況やカップルの渡航費に関する考え方に合わせて、お金は出せるほうが出せばよいと思います。

「他の人が・・・」というのは、参考程度に聞いておいて、それを鵜呑みにして彼氏さんを責めないのが一番です。

 

 

 

あとは、会う行く回数や、メールの頻度、電話の頻度も、『ちょうどいい』と思うのは、カップルそれぞれですので、「あのカップルは毎晩彼氏が必ず電話くれてるのに。。。」なんて悲しくならないで下さい。

あなたと、彼氏さんが「ちょうどいい!」という頻度を二人で見つけていければいいのです。

 

 

 

 

 

 

 

②ネガティブ発言はできるだけ控える

これ、私自身に言い聞かせてます。

寂しい寂しいと思っていると、どうしてもネガティブな「つらいよ~」って発言が出てきてしまいます。これにPMSが重なるとまさに病的に狂った女になります。

 

 

ですが、遠距離恋愛は基本言葉だけの恋愛です。

普段彼氏は、あなたの顔も、体も見つめられないのに、あなたのことだけを愛し続けてくれているのです。

遠距離恋愛を一途にできる男性はすごいと思います。男性は基本的に視覚で恋愛をするものだと言われているので、顔も体も好きな時に見えないのに、遠くにいる一人の女性を愛し続けるというのは奇跡に近いです。

 

 

逆に言えば、彼女としては、顔も体も見つめてもらえないのに、一途に自分のことだけを考えさせなければいけない。キスも、体の付き合いもなしに、次会うまで、言葉だけで引きつながなくてはいけないのです。

 

 

 

 

 

そんな状況下で、言葉しかないのに、毎回話すたびに、

「さみしいさみしい」攻撃をしてみたり、

「てめえ!今女と遊んでただろ!!」と謎のご自身のTrust Issueを大爆発させてみたり...

ばかりだと、男性の方も、どっと疲れてしまいます。

(遠距離じゃなければ、帰ってちゅーして、はい!仲直り!となることが多いでしょうけど、遠距離はそうもいきません。)

 

 

 

こんなことを毎日毎日言い続けると、、

男『ただでさえ仕事で疲れているのに、遠くにいる彼女は全く癒してくれない。余計疲れるよ』

こんな風に思われても不思議じゃないでしょう。これだと連絡が減る一方です。

 

 

 

言葉だけで、お互い愛し合わないといけないのですから、できる限りネガティブな発言は控えましょう。

 

【言葉だけで引きとめる】と言っても、ラインの文章が、毎回お笑い芸人のように、常に面白くいなくてはいけないわけではありません。

愛する女性が、決してヒステリックにはならず、落ち着いたトーンで常に話をしてくれたり、聞いてくれたりするだけで男性は癒されるものです。

ネガティブ発言は控えるだけで、遠距離恋愛もずいぶんスムーズにいくと思います。

 

文章で癒せる女性になりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

③交際が上手くいっていないことを遠距離のせいにしない。

これ、私は一度経験しました。

『どうもうまくいかない。これはきっと、彼が遠く離れているところにいるからに決まっている』と思って疑わなかったのです。

今、思い返せば、お互いに合っていなく、遠距離だろうが遠距離じゃなかろうが、絶対にうまくいかなかった組み合わせでした。

 

 

当時は、『遠距離のせいで、毎日喧嘩している。』『遠距離のせいで、喧嘩しても仲直りがすぐにできない』と、交際が上手くいっていないことを、遠距離のせいにして、なんとか交際自体を肯定しようとしていました。

 

 

今私は、遠距離なのに喧嘩を一切しない人に出会って、「なるほど!遠距離でも上手くいく相手とは自然とうまくいき、上手くいかない相手とは、遠距離だろうが何だろうが、上手くいかないもんなのか」と妙に自分自身で納得してしまいました。

 

 

遠距離を現在している方で、『毎日が全くと言っていいほどうまくいっていない。毎日のように大喧嘩をして、辛い』という方は、相手との交際自体を一度考え直したほうが良いかもしれません。

 

交際が上手くいっていない理由は遠距離ではないことが多いと思います。

そんな相手と同棲をし始めたら、どんどん調子が狂ってしまいますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

如何でしょう?

私は、若いうちは【自分の時間もありながら、心の拠り所も常にある】遠距離推進派ですので、是非皆さま、素敵な遠距離恋愛をできることを祈っております。

 

 

まはろ。

 

hannahko.hatenablog.com

hannahko.hatenablog.com