読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャパニーズゴリライフ

20代後半。ニート。生きることが目標。

銭湯に行ったら知らないおばあちゃんに「誰と結婚しても同じよ」と言われた話。

コラム

こんにちは

 

 

またブログ更新します。

 

今年の秋は台風が多くてあまりにもショッピングなどの外出する気にならないので、リラックスするため、家の近くの銭湯温泉へバスを乗り継いで行ってきました。

少し都心から離れた銭湯って混んでるけど色々な種類のお風呂があって、のぼせなければ余裕で2時間はつぶせます。

一般的な旅館の温泉は内風呂と露天風呂だけだったりするので、旅館の温泉よりもスーパー銭湯のほうが色々な種類のお風呂があってよっぽど楽しいです。

 

調べてみると温泉スーパー銭湯なんかも実はたくさんあるのでオススメ。

 

 

ぼーっと温泉を楽しんでいたら、全く知らないおばあちゃんが、

「何あんた、結婚してるの??」と言ってきたので、

「婚約中です。」と私。

「あら、いいねえ。でもね、結婚は誰としても同じよ。それだけは覚えておいた方がいいわよ。」と言われました。突然のアドバイスにポカーン・・・。

 

何やら話を聞いてみると、そのおばちゃんは3回結婚していて、最初の男はお見合い結婚で結婚した暴力男(結婚してから暴力男と判明したそう)、二回目の男ともなんとなく上手くいかず、三回目の結婚で【(異常な浪費家と暴力男さえ避ければ)結局誰と結婚しても同じ】という結論に至ったようです。

 

パーフェクトな人間なんていないということを、分かりやすい例で言ってしまうと、

  • 優しいと思ったら不細工だったり、
  • 顔がいいと思ったら優しい人間じゃなかったり、
  • 経済力があると思ったら不細工だったり、

とにかく、人間何かしら欠けている部分があるけど、そんなの気にしてはいけないし、自分自身完璧でもないのだから、完璧な人間なんていないことを自分自身理解しなくてはいけない。50年以上一緒に生活しなくてはいけない人間なんだから、少し気に入らないことがあっても、大抵のことは我慢をした方が上手くいく。特に子供の前ではね。と言われました。

 

 

『なんかこれから結婚する人に対しては、冷たいアドバイスだったなあ。まあその通りなんだろうなあ。』と思って数日間そのアドバイスのことを考えながら生活してました。

 

よくよく考えると、「誰と結婚しても同じなんだよ」というアドバイスは、「相手がもっとこうだったらよかったのに。もっとこれができる相手だったら、結婚生活がもっとうまくいっていたのに。」と言ってしまう女性へ、【結婚生活が上手くいかないことを相手のせいにするな】というアドバイスのように思えてきました。

 

結婚しても思い通りにならないことは沢山あると思いますが、相手のせいにせずに、『誰と結婚しても同じなんだし、相手に不満をぶちまけてもしょうがないか。どうせ今の人と別れて別の男と付き合っても、別の問題が生じてくるんだし。一回自分が我慢するか。』と割り切って考えてしまったほうがよいということですね。

 

やっぱり3回結婚している人のアドバイスは少し強烈で、達観しているなあ。

 

おばあちゃんは、銭湯の中でも3回目の結婚指輪をしっかりしていたことだけは忘れません。

 

以上。

優しくなりたい❤️

 

f:id:hannahko:20161008121133p:plain

 

 

hannahko.hatenablog.com

hannahko.hatenablog.com