読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャパニーズゴリライフ

20代後半。ニート。生きることが目標。

動物虐待の感動映画『DOG'S PURPOSE』をボイコットすることにした。

コラムー映画

無類の犬好きの私は、2017年1月27日にアメリカで公開された【DOG'S PURPOSE】を今年一番の楽しみにしていたのですが、撮影中に行われた、犬の虐待動画が配信されたため、見に行かないことにしました。

f:id:hannahko:20170127115545p:plain

 

予告編

www.youtube.com

予告編を見る限り、すごく感動的な映画のようです。

正直、とても楽しみにしてました。

日本公開は未定ですが、もはや日本に上陸しないといいなと思います。

 

あらすじ

犬が一つの人生を終え、また別の犬として別の人間のもとに生まれてくる。

一つ一つの人生に犬の目的があって、全ては美しい。

犬はやっぱり素晴らしい。的な感動を誘うやつ。

監督は、【HACHI】の監督と同じだそうです。

 スポンサーリンク

何故見に行かないことにしたか。

いや、私、犬が大好きなので、最初はめちゃくちゃ楽しみにしてたんです。

『犬めっちゃかわいいな~。予告編見ただけで泣けるよな~。早く公開されないかな~。』と心待ちにしていたのですが、だんだん、この映画は犬を虐待しながら制作されたとインターネットに出回るにつれて、『こりゃ映画館で高いお金払って見たらダメなやつだ』、と、私の中で決定しました。

 

問題の動画がこちら。

www.youtube.com

何をしているのでしょうか?

高い波のせいで、怖がっている怯えているジャーマンシェパードを無理やりプールに突き落とそうとしています。

……

……

えっと…

 

絶対可哀想!見てらんない!心がいたい。

犬は人間のように言葉を話せないのに!

こいつらみんな、この犬のおかげでお金が稼げているくせに!

なぜこんな扱いをするのか…。

このジャーマンシェパード、こいつのちんこ食いちぎって逃げればよかったよ。

しかもこれを見ながら誰も止めに入らないってどういうこと?

トレイナーとか何してるの??

そして、撮影者はこれを見ながら楽しそうに笑ってる…おかしいだろ?!

 

この動画により、PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)はこの映画のボイコットを呼びかけてます。

 

一方、主人公役の一人の、デニス・クエイドは、

「俺が見てきた限り、動物虐待は一切なかった。この虐待のビデオが映画がどのように撮られたかの全てを語っているわけではない。

俺が一緒に撮影した動物たちは、きちんとした敬意を払われ、思いやりを持ちながら扱われていたよ。休憩もたくさんあったしね。監督は映画ハチを含め、犬には敬意をもってる人だ。」と言ってます。

その言い訳の動画はこちら。

(CCというところを押すと、英語の字幕が出ます。)

ellentube.com

 

このショーの本番前に、リハーサルでしっかり話し合ったのでしょうが、デニスさん、結構うまく言い訳をしてますね。エレンも、問題の動画は出さずに話を進めて行ってます。

 

ちなみに、この虐待動画によって、アメリカの映画評価サイトでは、この映画の評価は、1.3/10まで落ちてしまってます。

どんな映画でもめったにここまで評価落ちないですよ。

ここ数年で一番低い評価じゃないかな…。

f:id:hannahko:20170127114906p:plain

IMDbより

 

「一つの動画が、すべてを語れるわけではない。」と言いますけど、あんなに怖がっているジャーマンシェパードをプールに突き落とそうとして・・・、あんなにスタッフがいるのに誰も「やめろ!」と言わず、撮影が続けられていくのを見ると、どんな人間が映画を作成していたのか分かるような気がします。

 

映画をボイコットするかどうかは個人的な判断になりますし、どのように映画が撮影されたかの全てを知っている人はいません。

でも、酷い扱いを犬にしながら撮影された犬の感動物語があまりに流行ると、また別の犬の虐待感動物語が生まれてしまうのではないかと思い、この映画は個人的にボイコットをすることにしました。

 

私一人の力でどうこうできる訳ではないですけどね。

無実の犬を虐待した罪は重いぞ。