読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャパニーズゴリライフ

20代後半。ニート。生きることが目標。

【感想】映画HOW TO BE SINGLEはお勧め映画です。

コラム コラムーアメリカ コラムー恋愛 コラムー映画

香港から日本に帰ってくる時に、How To Be Singleという映画を見ました。

今日は、この映画について書きます。

www.youtube.com

4人の女性が恋愛をしていく様子がかかれてます。

題名が題名なので、「シングルライフサイコー!!」っていう映画なのかと思ったら、そうでもなかったです。コメディーなので、何が伝えたいのかはっきりしている映画ではありませんでしたが、映画を見終わってから、個人的に色々考えてしまいました。 

 

Alice

f:id:hannahko:20160628224426p:plain

Megの妹。幸せなカップル生活を、平凡な彼氏と送っていたのですが、平凡すぎて、『これって自分にとって幸せなの??』と分からなくなってしまいます。そこで、一度距離を置くことを提案しますが、自分は遊び歩いて楽しめるタイプではないことに気が付き、1カ月たたないうちに、

Alice「もう十分!距離を置く期間、やめましょう!元通りね!」とまた提案したら、すでに彼には彼女が出来てしまっておりました。

その後、何度もほかのもっと刺激が強い男と出会おうとするのですが、どの男とも上手くいかず、最後の最後に、『私は選択を間違えてしまったみたい。』と後悔してしまうのです。

 

これって、すご~く怖いけど、どの女性もしてしまう過ちのような気がします。

あまりにも毎日が普通すぎて、幸せなんだけど刺激が無くて、幸せかどうか分からなくなってしまう。一旦距離を置いて、『あ~、やっぱり彼が好き。』と再確認する頃にはもうすでに遅すぎる。なんてこと、たくさんの女性がしてきてるんじゃないでしょうか?

刺激がありすぎると疲れるし、平凡に幸せでも人間って飽きてしまうようです。人それぞれですけど、すごーーーーーーく平凡な彼氏じゃないと上手くいかない女性ってたくさんいるんですよね。

周りを見ると、彼氏が彼女に大きなダイヤのアクセサリーをプレゼントしてたり、サプライズでホテルの最上階を確保してたりとか、すごく刺激があって楽しそうなカップルがいて、『いいなあ・・・どうしてうちの彼氏は・・・?』と突然不満を爆発させてしまうことがあるかもしれません。

でも、『本当に、私はそういう人と付き合って幸せになれるのかな?』とよくよく考えてみると、自分が今いる、平凡な幸せが一番自分には合ってると気が付くんですよね。

周りと比べず、平凡な幸せを見つけていきたい。と、Aliceの生き方をみて、学びました。

 

Meg

f:id:hannahko:20160628224804p:plain

Aliceの大親友のお姉さんです。お医者さんで、「私は強い女。子供も旦那もいらないし、一生キャリアを大切にしていくわ。」と言っていたのですが、あるタイミングで子供が欲しくなり、精子バンクに行って、妊娠する決意をします。

妊娠してから、年下の男性に出会い、妊娠してることは秘密にしながら、遊び感覚で付き合うのですが、お腹が大きくなるにつれて、Megが彼の連絡を無視するようになります。

街中で彼がお腹を大きくなったMegを見つけると、自分の子供だと思い、大慌て。「僕は専業主夫になりたいくらいだ!!子供が大好き!一緒に育てさせて!」と言いますが、Megは「私は強い女だから、あなたは不要」といって断ってしまいます。

結局子供が生まれた際に、Aliceがこの彼に連絡をし、彼が病院まで会いに来た際、Megが彼と一緒に面倒見ていくことをOKし、赤ちゃんと3人で家族となります。

 

これは強すぎる女性に、弱くなれというメッセージですね。完璧すぎる女性は、『子供も要らない、彼氏もいらない、旦那も要らない。』と強い女性は、どんどん壁を作っていってしますが、『そんなことしないで、ちょっとは、弱くなりな』というメッセージですね。

昔の私に言いたいですが、まあ私は弱くなる方法を学んだので、もうこのメッセージは私には必要ないです👋👋

 

 

Robin

f:id:hannahko:20160628224527p:plain

この子は、最初から最後まで遊び人でした。周りが色々変わっていくことを気にせず、一生遊んでいくと心に決めてる子です。

 

この子をみて、「結婚しない」「子供はいらない」と言っている人に無理やり「絶対に後で後悔するよ!!」と押し付けアドバイスするのは止めないとなあと思いました。なんとなく、自分が幸せだと押し付けてしまうことがあるんですよね。

あなたも結婚しなよ!!って。

幸せのあり方は、人それぞれなので、押し付けないようにします。シングルが一生私には合っているという人は、実際にいるし、それがその人にとっては、一番の幸せなんですよね。

 

Lucy

f:id:hannahko:20160628224731p:plain

超遊び人の、すっごくセクシーな、誰もが好きになる男性が、初めて夢中になった女性が、Lucyでした。が、そんなことには見向きもせず、Lucyは一番ぱっとしない、オタク気質の彼氏を捕まえて、「幸せ!!結婚することになった!」と、笑顔で幸せになっていきます。

 

この方は、自分の基準で幸せになれた典型だと思います。

どうしても、セクシーで危険そうな男性に惹かれてしまう女性が多いですが、Lucyに関しては、さえない男を見つけて、これが私の幸せ!と言いながら、幸せになっていきました。

 

 

 

見終えたときは、『この映画は何を伝えたかったんだ?面白かったけど・・・・』とポカーンとしてしまいましたが、まとめると、なんかメッセージが伝わってくるような気がします。

 

 

弱い自分も認めながら、小さな幸せを見つけながら、自分の基準で幸せになっていく。そして、親友や家族が決めた幸せの基準に口出しをして、自分の幸せの基準を押し付けすぎないようにする。

ということを、今回、コメディー映画をみて学んでしまいました。

 

コメディー映画を見て、『この映画は何が言いたかったんだ?』なんて考える人、あんまりいないでしょうけど、考えちゃいました。

 

コメディー映画が好きな女性には、おすすめです。

 

 

 

hannahko.hatenablog.com

hannahko.hatenablog.com