読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャパニーズゴリライフ

20代後半。ニート。生きることが目標。

【遠距離恋愛】国際遠距離恋愛から結婚を決意した理由

コラム コラムー恋愛 コラムー遠距離恋愛

あろは~

 

NOA2の受理の届けはまだまだ来そうにないので、フィアンセビザとは全く別なことを書きます。

 

私たちが、国際遠距離恋愛から結婚を決意した理由・・・。

 

実は、私、プロポーズは受けておりません。

ので勿論指輪も持っておりません。別に逆プロポーズをしたわけでもなく、本当にとんとん拍子で話が進んで行ってしまい、今は一生懸命二人でビザのことをやっております。

 

 

2014年の夏に出会い、毎日毎日仕事の合間を縫って、合計4~5時間チャットをしてました(朝昼晩)。当時は、まだまだ若かったので、出会ったときは二人ともあと5年は絶対に結婚なんかしないわ(笑)なんて言っておりました。

 

 

毎日毎日会話するにつれ、お互いの国を行き来するにつれ、相手のこともよく分かるようになって、「あれ?この人ほんと~に優しくていい人で、価値観も合うし、性格の相性もいいな。たまに、ヒステリック気味の私でも全く喧嘩にならないわ。無理してないのに幸せ。落ち着く落ち着く」と、感じ始めておりました。

※実は、数年前に別の方と国際恋愛をしたことがありましたが、その時は本当に大変でした。毎日会っていても、会っていなくても、大喧嘩で大号泣。久しぶりに会うと、頭痛になったり。でも、自分はこのような形でしか自分は愛情を伝えられない人間かと思ってましたし、誰と結婚しても、きっとその人と一緒に生活すれば私の頭痛は引き起こされるものだと思ってました。でもそれは間違ってました。ハワイ君に出会ってから、自分は片頭痛なんて持ってないし、実は随分落ち着いて、相手に愛情を注げる人間だったということに気が付いたのです

 

☟今考えると、このポイント重要でした☟

◎性格の相性が合う(価値観も含め、お金の使い方とか、貯金に対する考え方とか、働くことに対する考え方とか)

◎変な癖、趣味も許せる、一切気にならない。(ハワイ君はカード集めが大好き)

◎今まで感じた事がないくらい、とにかく落ち着く。

◎お互い無理をしていないのに、相手に対する不満がほぼ出てこない。

✖これを条件に男漁りしてたわけじゃないよ!

✖条件で男を探すといいことないって昔、現代文の先生が言ってたよ!

 

 

そんなこんなで、2015年秋くらいに、こんな会話になりました。

花子「私たち、あと何年遠距離するんだろう!」

ハワイ「3年が限度!長すぎる!・・・これはもう結婚するしかないか?!」

花子「ん?3年が限度なの?結婚するんだったら、ビザは基本1年かかるんだよ?3年が限界だったら、来年頭にでも始めないと・・・」

ハワイ「まじか!1年?!オッケー!両親に念のため結婚していいか、明日電話入れてみる!君も勝手に始めないで両親には確認しろよ!」

花子「結婚準備始めるのね?来年?1月頃から?おけ。両親に確認するね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えへ(●^o^●)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、完全にフランクな流れで結婚です。

 

お互いに「こいつがいい」って思ってたというのは、絶対的に必要な条件ですが、あとは、サプライズとか待ってないで、現実的に、結婚する意志があるのかを早い時点で確認するのは、国際遠距離恋愛では、重要なことだと思います。(完全な自論)

 

サプライズで「Will you marry me??」パカッ!!!キラ~~~(/ω\)

もいいですけど、そっからバタバタと両親に挨拶行ったり、会社に突然仕事辞めますっていうのも大変じゃないですか?

年に数回しか会えないんだから、会える時に、計画的に相手の両親に挨拶に行って、仕事も迷惑をかけないように計画的に辞めたい。そのように考え、フランクな流れで結婚の話が出てからは、将来に関してのプランニングを真剣なふりをして、親への挨拶や移住のタイミング、移住の場所等、二人できちんと話し合ってます。

 

 

あ、あと、指輪と結婚式に関して。

指輪はもらわない予定、結婚式はしない予定です。ハワイ君は指輪を買うと張り切っているんですけど、なくしそうだからいらないし、アメリカは泥棒が怖いからいらないな~。

そして、結婚式はしません!ケチだから!めんどくさいし( 一一)。。。七五三の時にウエディングドレスきておいて良かった~。

 

 

色々な、ケースがあって、全員が同じようにはいかないと思いますが、是非自分のペースで無理せず、国際遠距離恋愛を続けてみてください。

つらい、とか、無理しているようだったら、「こいつでいいのか?」と一度ご自身に問いかけてみて欲しいです。過呼吸になるほど追い込んでこないような人って、実は沢山います。

もうこの人しかいない!早く一緒に住みたいよ~♬大好き大好き♬というようなハッピーな恋愛でしたら、もうちゃちゃちゃっと、結婚の話を切り出してもいいと思いますよ!

 

 

 

皆さんに幸せが訪れますように。ぶちゅ~♡

hannahko.hatenablog.com

hannahko.hatenablog.com