読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャパニーズゴリライフ

20代後半。ニート。生きることが目標。

【フィアンセビザ】犯罪経歴証明書の為警察署へ行ってきました。

フィアンセビザ

大使館からパケットが届いてからは、とてもゆっくりのペースでビザを進めております。

今回は、犯罪経歴証明書に関して書いていきます。

フィアンセビザの全体的な流れは、こちらのページにまとめてますので、こちらを参考にしてみてください。

hannahko.hatenablog.com

 

<ポイント>

  • 警察署には申請に一回、受け取りに一回、合計で2回行かなくてはいけない。(申請から受け取りできるようになるまで約10日~2週間かかります。)
  • 警察署は休日はやっていないので、平日に行く必要あり。
  • 健康診断は郵送でお願いできますが、犯罪経歴証明書は郵送はお願いできず、取りに行かなくてはいけない。(代理人が取りに行くのは可能)
  • 発行から1年間保管しているので、1か月後、2か月後に取りに行ってもOK
  • 念のため、行く前に電話をすると、持ち物の確認等をしてくれるので、電話をしてから行くことをお勧めします。
  • 料金:無料

 

<申請時持ち物>

  1. 大使館から送られてきた紙(ケースナンバー・名前・ビザの種類がまとめて記載されている VISA INSTRUCTIONの表紙)
  2. パスポート
  3. 運転免許証/住民票/住民基本台帳カードのいずれか1点

※1の用紙がどれだかの最終確認の為事前に電話をしたら、「せっかく来てもらって、『違う紙だった』ということは避けたいので、一式持ってきてください。」と言われたので、結局私は大使館から送られた資料全て持っていきました。(大してかさばる資料じゃないので、みなさんもそうしたほうが良いのかも)

※パスポートの本籍から本籍地が変更になってないか何度も確認されました。

 

 

 

<受け取り時持ち物>

  1. 申請時に受け取った引換証
  2. 身分証明書(パスポート、運転免許証、住民基本台帳カード在留カード、個人番号カードのいずれか1点)

代理人が受領しに行く場合、、

  1. 申請時に受け取った引換所
  2. 委任状
  3. 代理人の身分証明書(パスポート、運転免許証、住民基本台帳カード在留カード、個人番号カードのいずれか1点)

 

<当日の流れ>

  1. 住民登録がある県の警察署へ
  2. 受付で入館カードをもらい、鑑識課へ。
  3. 鑑識課にて申請書の記入(30秒で記入できます)
  4. 必要書類の提出(鑑識課の方がコピーをとります)
  5. 引換証を受け取る(引換所に何月何日から受け取り可能かの記載があります)
  6. 指紋をとる(結構丁寧にやったので5分くらいかかりました)

かかった時間:10分程度

 

とてもスムーズに早急に処理をしてくれました。素晴らしい☺

 

 

面接に必要なチェックリスト

☑パスポート

☑DS-160確認ページ

☑申請料金

☑写真

☑出生証明書

□扶養証明(まだ)

□健康診断(まだ)

☑警察証明

□婚約関係者の書類(まだ)

 

あとはハワイ君に扶養証明を送ってもらって、健康診断に行って、婚約関係を証明する書類を準備するだけです。

健康診断は検査結果の有効期限は6カ月だけど、聖母病院のホームページに「検査結果に注記点があった場合、受診日より3カ月」とあるので、もう少しギリギリに受けようかなと思います。

そろそろいついつタイミングで渡米するかを決めないとかも。ドキドキワクワクです。 

 

 

タイムライン

2016/4/1 I-149F提出

2016/4/5  NOA1受理

2016/6/24 RFE発行

2016/6/30 RFEが届く

2016/7/11 (ハワイ君)RFE提出

2016/7/15 RFE受理

2016/7/21 NOA2取得

2016/7/28 NOA2郵送で届く

2016/8/17 大使館からパケット到着

2016/8/20 DS-160とプロフィール登録完了

2016/9/5 犯罪経歴証明書の申請

f:id:hannahko:20161212164141p:plain