読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャパニーズゴリライフ

20代後半。ニート。生きることが目標。

マリッジブルーの私はしずちゃんのお父さんに助けられた。

こんにちは。

 

 

最近、ビザのプロセスが進めば進むほど、自分が、いわゆるマリッジブルーというものにかかっていることに気が付きました。

主に「結婚相手、この彼で、大丈夫か??」というものです。

日本を捨ててまで、故郷を捨ててまで、家族を置いてまでついていくべき相手なのだろうか?もはや東北の故郷で誰か素敵な日本人の男性を探して、ひっそりと幸せになった方がよかったのではないだろうか。

 

日本を一生離れるというのは、やっぱり凄い覚悟が必要ですよね。「海外留学に1年行ってくるね~!」とは一切くらべものにならない程の覚悟です。

一生あちらに住むと、簡単には日本には戻ってこれないし、この住み心地の良い、日本に住むということは二度とないですから、覚悟もですが、寂しさも表しきれない程のものです。例え冠婚葬祭の為であっても、どんなに急いでも、やっぱりすぐには日本に帰ってこれないですし。

日本にも、とっても素敵な男性は沢山いるし、結婚して大切にしてくれる男性は沢山いるでしょう。それを、私はなぜ、敢えて遠い遠い場所にいる、国籍も違う男性を選び、「私には、こいつしかいないんだ。」と、考えていたんだろう??

 

こんな風に考えれば考えるほど、「もう結婚、ダメだ・・・・・。頑張れない・・・。」となっていってしまい、彼には、どんどん冷たく当たってしまいます。

彼は私が冷たい理由も分からず、いつものハッピーなテンションで話しかけてくれますが・・。

 

 

 

「あ~、もうどうすればいいんだ。」といつものようにお腹を下しながら悩んでいたら、そういえば、ドラえもんしずちゃんも、のび太と結婚する前に、かなり酷いマリッジブルーにかかっていたことを思い出しました。

 

f:id:hannahko:20160805100732p:plain

 

 

結婚式前日に、自分のお父さんに、「パパ!あたし、およめに行くのやめる!!」ですからね。結婚前のかなりの情緒不安定さが伝わってきます。

日本人の女はどの時代も、結婚前は情緒不安定になるもんなのかもしれません。

 

 

そんな情緒不安定なしずちゃんに、お父さんは、こう言いました。

のび太君を選んだきみの判断は正しかったと思うよ。あの青年は、人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことができる人だ。それが一番人間にとって大切なことだからね。彼ならまちがいなくきみをしあわせにしてくれると、ぼくは信じているよ。」

f:id:hannahko:20160805114552p:plain

 

小学生の頃、これを読んだときは正直、「人の幸せを願える人間て・・・。何を当たり前なことを言っているんだ??そんなこと言ったら、しずちゃんは誰とでも結婚できてしまうじゃないか。別にのび太じゃなくてもいいよな。」と思ってました。

 

実際20代のアラサーとなり、結婚目前の情緒不安定女として、この本を読み返してみて、しずちゃんのお父さんの言葉を考え直してみました。

「人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことができる人。それが一番人間にとって大切・・・・」

確かにこの年になると、人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことができる人って、小学生の頃に比べて、減っていっている気がします。

一番多いのは、無関心。他人が幸せであろうが、不幸であろうが、気にしないし、関係ない。忙しい日々の中、必死に生活していると、自分が生き残ることで精いっぱいです。他人が幸せだろうが、不幸せだろうが、どうでもいいから、とにかく自分が幸せだありたいと思っている人は多いと思います。

そして、その次に多いのは、人の幸せを妬む人ではないでしょうか。どんなに必死に努力をしても、報われなかったり、評価されないことは、よくあると思いますが、それが何年も続くと、どんなに強い人間でも少し壊れてしまい、他人が羨ましく見え始め、人の幸せを妬み始めてしまいます。そのような性格になってしまうのも、このストレス社会で生き残るには、しょうがない手段なんだと思います。

 

そんな中、のび太が、人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことができる、性格の良いハッピー野郎だったから、しずちゃんのお父さんも、結婚に反対せず、情緒不安定のしずちゃんに、「大丈夫だ。結婚しなさい」と言ったんですね。

 

 

 

しずちゃんの中で、「のび太さんと結婚をしたい。」と思う要因は沢山あったはずですが、結婚直前に、思いがけないハプニングが重なり、なぜ結婚したいと思ったのかを、すっかり忘れてしまい、のび太との結婚に自信が無くなったんですよね。

「結婚前夜に焦って、君がどうして結婚したいと思ったのか忘れてしまっても、のび太君は『人間にとって一番大切なこと』を持っている相手だから、大丈夫だよ。」と、しずちゃんのお父さんは言います。

 

私の今の状態は、しずちゃんの、【なぜ、のび太さんと結婚したいと思っていたのか、分からなくなったわ!!結婚辞める!】と同じ情緒不安定状態と言えます。なので、しずちゃんのお父さんが言う、『人間にとって一番大切なこと』をクリアできたら、後は『自分のフィアンセのどの部分が好きなのか』を、落ち着いて、何個も何個も思い出し、書き出すのが一番有効だと思いました。

結婚により、戸惑い、焦って、忘れてしまっているものを思い出すのです。

 

・・・・どれどれφ(`д´)カキカキ...

 

☑優しい、面白い

☑超気を遣ってくれる

☑感情の起伏がほぼない

☑料理をほぼ一切作ってあげたことないのに、結婚したいと言ってくる。

☑家族がみんないい人

☑友達がみんないい人

☑世話好き

☑犬好き、犬っぽい

☑性格がまめ、几帳面

☑よく笑う

☑色々、こちらに合わせてくれる

☑どんなに話しても飽きない

☑経済力はある(はず)

☑やりたい仕事をしているので生き生きしてる

☑私の前でバスケをすると、あからさまに気合が入るのが可愛い

☑喧嘩にならない

 

・・・・・・・・

・・・・・・・・

 

ふぅ~。少しずつマリッジブルーから解放されてきた気がします。

皆さまを私のマリッジブルー解消に付き合わせてしまいました。失礼いたしました。

 

でもこの方法おススメです。マリッジブルーの方々、のび太の結婚前夜を読んだ後に、冷静になって、とことん、フィアンセの好きな点を書き綴っていくと、なんとなくマリッジブルーから解放され始めますよ。

 

がんばろ!

では、素敵な週末をお過ごしください。

 

 

👋

 

hannahko.hatenablog.com

hannahko.hatenablog.com