読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャパニーズゴリライフ

20代後半。ニート。生きることが目標。

【Q&A】やっぱり外国人じゃないとダメなんですか?

コラムーQ&A コラムーアメリカ コラムー恋愛 コラム

こんにちは。

 

 

 

今日、歩いててふと、ほっこりラブラブエピソードを思い出しました。

去年の12月ハワイ君と一緒に、ハワイ君の親友の結婚式に参列したら、グルームズマンだったハワイ君は式の途中で、みんなの前で立っているのに、貧血を起こして倒れてしまいました。目が悪い私は、まさかスーパー我慢強いハワイ君が倒れたとは想像すらしなかったので、「うわ~誰か倒れたわ。」と思いながら、後ろのほうに立ってました。

式が終わって、新郎新婦、ブライドメイド、グルームズマンがぞろぞろ退場しているのに、ハワイ君がいないのに気づいて「お前だったんかーーーい!」と飛んでいきました。

親切な人たちがハワイ君の周りに集まって、「大丈夫か??」と声をかけてたんですが、「お前、自分の結婚式では倒れないように我慢しろよ。」とおじいさんが笑いながら助言をしてくれたとき、貧血で汗びっしょりのハワイ君は「俺はこいつと結婚するんですよ。」って突然私の手を引いて、ハワイ君すら初対面のおじさんにに私を紹介し始めて、「ひゃー!なんて可愛い紹介の仕方!」と思ってしまいました。

どうですか?ほっこりするでしょう?ほっこりさせるために文字をピンクにしました。ハワイ君あんまりこういうことする人じゃないので、ドキッとしました。

 

 

 

 

さて、今日のお題ですが、外国人と付き合ってる女性はおそらく、少なくとも月1で必ず聞かれる「え、やっぱり外国人がいいんですか?日本人嫌いっすか??」という質問です。

 

 

この質問の裏には、こんな意味が隠されています。

①そんなにお姫様扱いされたいの?男を立てられないタイプ?

②顔重視?白人じゃないとだめなの?

③刺激的な恋が好きなの?

 

まずは、この上の質問に答えていきます。

①そんなにお姫様扱いされたいの?男を立てられないタイプ?

うーーーん。

別にお姫様扱いをされたいと思って、アメリカ人と付き合ったわけじゃないです。ハワイ君も典型的な超理系男子なので、サプライズ大好き日本人男子の方がよっぽど彼女をお姫様扱いできます。

だから、別にお姫様扱いされたくて、外国人と付き合っているわけでは一切ないです。むしろ、お姫様扱いができないハワイ君が、不器用で可愛いなあと、毎回思ってしまいます。

 

 

②顔重視?白人じゃないとダメなの?

私の彼は、日系なので、日本人と同じ顔をしてます。他のアメリカ人と付き合ったこともありますが、その人もアジア人だったし、白人の方とは付き合ったことはありません~。(母は冗談で、「孫はハーフが良い」とか言って、私が白人と付き合ってほしいと一時期言ってましたが…。私は白人には全然モテないのよ。)

知人に「彼氏がアメリカ人」と言うと、『白人なんだ!』というトーンで返事されるので、「アジア人だよ、日系だよ。」と付け足すと、相手はどんどん混乱します。

【アメリカ人=白人】とたいていの日本人の頭の中ではなってますが、日本人のアメリカ人も実はいるんですよね。

「白人じゃないとダメなの?」という質問に関しては、「むしろ、私はアジア人じゃないとだめだわ。」と言って相手を混乱させてます(笑)アジア人がやっぱり落ち着くんだ。

白人と付き合ってる人も別に、「どひゃー!白人だ!かっこいい!」と言って付き合っている訳はないですよ。「好きになった相手が白人だった」という人がほとんどだと思います。

ということで、国際結婚の人たち、顔(人種)重視じゃない人がほとんどです。

 

 

③刺激的な恋が好きなの?

まあ、「アジア人が良いなら、日本で日本人とおとなしく恋してろよ。」って思う方もいるでしょう。

ある意味、【刺激的な恋が好き】っていうのは、少し合っているかもしれないです。

私は、80歳まで同じ土地で生活するなんて、想像できないです。いくらハワイでも無理。10年ごとに引っ越したいと思っているくらい、飽き性なので、アメリカに行くことも、「ま、いっか。」くらいにしか思ってないんです。だから、別の国の人に本気で恋が出来るのだと思います。

 

 

 

 

 

 

では、日本人の男は嫌か?

 

単刀直入に言うと、

「一切そんなことはありません。」

私は、英語を話せるようになり、外国人の方とお付き合いする機会が増えましたが、日本人が嫌で、積極的に避けているということはないです。むしろ、堂々として仕事がテキパキできる日本人男性を見てると、「あら、素敵」と惚れてしまいます。

 

日本人の男性は好きなんですが、『日本の女性に対する考え方が嫌だ。』という気持ちはあります。

【料理洗濯掃除は女性がするもの】

【子育ては女性がするもの】

【子供が上手く育たなかったら母親のせい】

【結婚して子供が出来なかったら女性のせい】

【女性は夫意見に従い、常に支えなければいけない】

もちろん、一家の大黒柱にならなくてはいけない男性も、社会的なプレッシャーはかなり大きいものだと思います。会社で、上司にぶーぶー言われながら働いて、多くの女性のように、「会社やーめた!専業主婦になーろう!」と言って会社から逃げることができないのも、とてもつらいと思います。

ですが、ガンダムのように歩き、85キロ越えの彼をおんぶしてしまうほど、がさつで、男勝りの私にとって、日本で女性がさらされる、社会的プレッシャーに耐えられる気がしませんでした。

アジア系アメリカ人と恋に落ちるというのは、私は潜在的に、このプレッシャーから逃げているのかもしれません。(ハワイ君のことは、こんな理由有り無しにしても大好きですが。)

 

 

 

 

まとめ

ということで、私の場合は、『外国人が良い』とか、『日本人が良い』という点で男性を選ぶことはしてません。

日本人女性が日本でさらされる Social Pressure に耐えられる気がしない為、潜在的に逃げていることは認めますが、それが理由でハワイ君と結婚するわけではないです。

①同じ土地で生活することに飽きやすい性格で、住む場所を変えることが好きである。

②日本人女性がさらされる社会的ストレスに耐えられないかもしれない。

という理由が、「ハワイ君のことが大好き」という、大きな気持ちに上乗せされ、結婚も躊躇せず、踏み出せたんだと思います。

まあ、いろいろ分析してしまいましたが、つまるところ、『随分英語が話せるようになったから、可能性も広がり、外国人と付き合うようになった。』ってだけです。

 

そんなもんですよね。幸せになれればなんでもいい。

ということで、今日もこれで終わり。

 

 

では、また!あと2日頑張りましょう!

 

P.S. 私のフィアンセビザちゃんどこ行った?

 

 

ばいばい👋

 

hannahko.hatenablog.com

hannahko.hatenablog.com